ウィッグ つけ方

ウィッグのつけ方

ウィッグのつけ方は、タイプによって違います。
ショートウィッグやロングウィッグなどのフルウィッグの場合です。

 

まず、付属のヘアーネットを首までかぶります。
次に、ヘアーバンドのような感じでかぶりましょう。
この時生え際まで引き上げるようにするのがポイントです。

 

次に、ヘアーネットをのばし、後ろの方の髪を一緒に持ち上げてみましょう。
さらに、後頭部で折りたたむようにピン等でとめます。
ウィッグを両手で広げるようにして持って、おでこの方からかぶります。
この時、後頭部までスッポリはいるようにするのがポイントです。
最後に手ぐしやコームで形を整え、ピン等で固定すれば出来上がりです。

 

この他にも、クリップ式のエクステンションや部分ウィッグなどがあります。
この場合のウィッグのつけ方は、とても簡単です。
付属のピン止めをパチンというまで押さえ、地毛にしっかりととめることで安定感がでます。

 

また、ハーフウィッグの場合も同様に、ピンがぱパチンと音がするまでとめることで安定感が生まれます。
ハーフウィッグの場合は、頭頂部にお団子をつくります。
そのお団子を隠すようにウィッグをワンタッチピンであてて留めます。

 

どのタイプのウィッグにしろつけ方としては、地毛を整えたりまとめたりすることが大切です。
まとめ髪が出来ない人は、地毛をヘアピンで固定するウィッグから地毛が漏れないので良いようです。

 

ウィッグのつけ方は、最初は慣れないこともあるかもしれません。
自分でつけるのが苦労する場合は、美容室で相談してつけてもらうのも良い方法ですよ。
ウィッグのつけ方次第で素敵なあなたを演出してみてくださいね。